FC2ブログ
grokmasazo

@dr_malpihgi 樋渡市長の小ずるさがすべて見えてきて吐き気がする。
11-29 09:58

@dr_malpihgi 上水道を福岡県・筑後川水系から取っているため飲み水では安全だと言い逃れができるのと、下水道が整っていないため東京などで問題化した下水の中の放射性物質の処理をしなくてもよい=行政経費がかからない。さらに、井戸水の住民には日本一高い水道水を普及させることも。
11-29 09:58

@dr_malpihgi 問題は樋渡・武雄市長が九電やらせメール問題の「あの」古川知事と盟友関係にあること。それと、武雄市は上水道を福岡県に依存しているため飲み水だけは安全だという思い上がりもあること。下水道が不十分なため田畑、温泉、有明海への汚染が深刻になるのは必定なのです。
11-29 09:38

 同処分場は一九九八年六月にも漏水事故が明らかとなり、九九年十月から二〇〇一年一月まで総事業費約六億二千万円をかけて全面改造工事をしている。
11-29 09:27

その後、地下水の塩分濃度は十九日に二百二十ミリ・グラム、二十七日に百八十ミリ・グラムと減少。重金属類は検出されておらず、周辺の井戸の調査でも異状はないという。調査会社の中間報告(二日)は「漏水の可能性が高い」としており、最終結果が注目される。
11-29 09:27

このため、地元の繁昌、川上地区に説明と協力要請をしたうえで、十九日から今月五日までの日程で県内の調査会社に依頼し、場内のたまり水から地下水への漏水がないか調べている。 
11-29 09:27

 しかし、報告によると、一月六日と十五日に実施した地下水の水質検査で、一リットル当たりの塩分濃度が四百ミリ・グラムと通常値(七十―十六ミリ・グラム)を大きく上回った。
11-29 09:26

雨水など場内にたまる水は焼却灰から溶け出た塩分で塩水になるが、すべてを処理し、ごみ焼却炉の冷却水として再利用している管理型で、底部はコンクリートとゴムシート、のり面はゴムシートと遮光マットの二重遮へい構造になっている。
11-29 09:26

組合管理者の古庄健介・武雄市長が二日の組合議会全員協議会で報告、原因調査を進めているが、今のところ健康や農作物への影響はないという。センター処分場は、家庭からの一般廃棄物の焼却灰と破砕した不燃物を埋め立てている。
11-29 09:25

2004/02/03 武雄のごみ処理施設 地下水から高濃度塩分 先月の検査で 漏水の可能性=佐賀 武雄市など二市十町で組織する杵藤地区広域市町村圏組合が運営する同市朝日町のごみ処理施設・杵藤クリーンセンターの埋め立て処分場の下を通る地下水から高濃度の塩分が検出された。
11-29 09:25

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ニュースの備忘録 all rights reserved.
プロフィール

grokmasazo

Author:grokmasazo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク